Loading..

HOME

SelectShop Otsuka 大塚食品

MyFirstWaterProject

BACK

調乳指導に軟水

すくすく赤ちゃんに欠かせない水分補給 ※監修/管理栄養士 山田美穂子先生

母乳やミルクだけでは不足しがちな赤ちゃんの水分補給

母乳やミルクだけでは不足しがちな赤ちゃんの水分補給

大人に比べて新陳代謝が活発な赤ちゃんは、とっても汗かき。母乳やミルクだけでは十分な水分がとれないことが多いものです。 下痢や嘔吐も頻繁で、まだ体内の水分調整が上手にできない赤ちゃんは、どんどん水分不足になってしまいます。 だから毎日そばにいるママ・パパのきめ細かなサポートで、きちんと補ってあげることが大切なんですね。
水分補給が必要なのは、お散歩などの外出時や帰宅した後、お風呂上り。たくさん泣いて汗をかいた時も必要です。 ただし、水分でお腹がいっぱいになってしまうと必要な栄養が摂取できなくなってしまうので、授乳や食事の前にはあげないでください。
水分補給は湯冷ましやミネラルウォーターで十分です。下痢・嘔吐をしている時は赤ちゃん用のイオン飲料や経口補水液などをすこしずつ、回数を多く補給してあげてください。
もし脱水症状かも?と感じたら、できるだけ早く病院で診察をうけましょう。

赤ちゃんに適したミネラルウォーター選びを

赤ちゃんに適したミネラルウォーター選びを

赤ちゃんには信頼できる水を選びたいですね。
近頃では国産のミネラルウォーターでも産地や水源地が気になるところです。
外国産のミネラルウォーターを選ぶママ・パパも増えているようですね。その際気をつけたいのが、硬度です。
硬度の高い水は赤ちゃんの未熟な腎機能に負担がかかってしまうため、選ぶなら硬度の低い軟水にしましょう。
軟水のミネラルウォーターは水分補給にも調乳にも広く使われており、経口補水液をミネラルウォーターで手作りする方も増えています。
毎日赤ちゃんの水分補給に気をつけて、元気で健やかな成長を見守ってあげましょう。

クリスタルガイザーは、全国の産院で調乳指導に使われています。

画像をクリックしていただくと動画をご覧いただけます。

クリスタルガイザーは、全国の産院で調乳指導に使われています。

調乳にもおすすめ 硬度38mg/Lの軟水・クリスタルガイザー
粉ミルクは、ミネラル分の少ない水で溶いた時に、母乳にできるだけ近くなるようにつくられています。
『軟水』といわれるミネラル分の少ない水で溶いた時、赤ちゃんの発育に必要なミネラルがバランスよく保たれることになります。
クリスタルガイザーは、硬度38mg/Lの軟水なので、調乳にも水分補給にもおすすめのミネラルウォーターです。
特に310mlはボトルは、全国の産院で行なわれる調乳指導や母親学級で、年間約30万人の方に紹介されています。
使いきりサイズなので衛生面でも安心。手軽に携帯できる量は、お散歩などの外出にもぴったりです。

  • 輸入モノ編

    輸入モノ編イメージ01

    輸入モノ編イメージ02

    輸入モノ編イメージ03

    輸入モノ編イメージ04

  • 調乳編

    調乳編イメージ01

    調乳編イメージ02

    調乳編イメージ03

    調乳編イメージ04

PAGETOP