Loading..

HOME

SelectShop Otsuka 大塚食品

インタビュー

BACK

2018年インタビュー

  • 池田大亮(左)

    (所属クリスタルガイザー/ムラサキスポーツ)

    2000年8月4日生まれ。あらゆるテラインで並々ならぬスキルを魅せるニュージェネレーション。 国内はもちろん、海外のコンテストでも好成績を残す若きバウンティ・ハンター。東京オリンピックを見据えスキルを磨き続けている。

  • 佐川涼(右)

    (所属クリスタルガイザー)

    1999年8月24日生まれ。Element主催のアマチュアコンテスト、Make It Count 2016のジャパンファイナルを制し、 バルセロナにて1週間でパートを制作するという世界最終戦に参加。神奈川を中心に結成されたThePEACEのメンバーであり、実兄はIFOの佐川海斗。

 

Q : 2018年、ここまでの成績は?

佐川

  • 第2回日本スケートボード選手権大会
    (2018年5月12日~20日)男子ストリート5位
  • AJSAプロスケートボードツアー第2戦
    『ASIAN OPEN 2018』(2018年6月2日)2位

池田

  • FISE広島(2018年4月8日)優勝
  • 南京International Skate Open (2018年4月25日)4位
  • DAMN AM 静岡(2018年5月5日)2位
  • FISEモンペリア(2018年5月24日)2位
  • 日本スケートボード選手権大会パーク兼OCAアジア大会派遣選手
    選考会(2018年5月13日)男子2位
  • AJSAプロスケートボードツアー第2戦
    『ASIAN OPEN 2018』(2018年6月2日)優勝

Q : スケートボードが東京オリンピックの正式種目になったときの気持ちは?

  • 驚きました。出場目指しています。

  • 正式種目になったときはうれしかったです。
    必ず出場します。

Q : スケートボードの魅力は?

  • 無限にトリック(技)の世界が広がっている、
    そしてその可能性を世界中とSNSで共有できること。

  • 自分の人生そのもの。練習場所には友達がいて、
    技を見せ付け合いながらスキルを上げた。
    友達がいると楽しくて。

Q : オリンピックへの抱負など。

  • オリンピックでは、表彰台に登り、金を目指す。

  • オリンピックに出たい。そして、出るからには
    金メダルを取りたい。

PAGETOP