Loading..

HOME

SelectShop Otsuka 大塚食品

品質への取り組み

BACK

安全品質

長い歳月をかけて湧き出る原水と自然保護区

標高4,317mのマウント・シャスタに降る雨や雪は、何度となく濾過を繰り返し、長い歳月をかけて再び地表へと現れます。
この山裾に広がる分厚い森には、8,498km2(東京都約4個分)の自然保護区は、人もなく車も走りません。
そのため外部の影響を受けることも少なく、水源の水温や成分はほぼ一定に保たれているのです。
クリスタルガイザーはこのマウント・シャスタの麓・標高1,130mにあるシャスタプラントで、最新技術による品質管理のもとボトリングされています。

最新設備でクオリティをキープしたままボトリング

徹底した衛生と品質管理システムが完備

最新設備でクオリティをキープしたままボトリング

大塚グループ(日本)とロクサーヌ(フランス)の共同開発のもと、 1998年7月、マウント・シャスタの麓にクリスタルガイザーのボトリング・プラント
「クリスタルガイザー・ロクサーヌ・シャスタプラント」が建設されました。
このプラントは、最新鋭の設備により、徹底した衛生と品質管理システムが完備されています。
ペットボトルの製造から充填・出荷までをフルオートメーション化することで、
人の手を極力省くことが可能となりました。

PAGETOP